審美歯科

美しさと機能をともに

美しさと機能をともに

当院では、補綴物の素材に「セラミック」を推奨しています。審美歯科でもっとも審美性の高い歯科用素材・セラミックは、その美しさばかりではなく、生体親和性が高く、アレルギーを起こさない優れた素材です。虫歯治療などで使う詰めものや被せものをセラミック素材にすることも、すでに治療済みの銀歯をセラミック素材に取り替えることも可能です。

具体的な治療法について

オールセラミック

術前

術後

すべてセラミックでつくった補綴物を用いた治療。削った歯に詰めたり被せたりするばかりではなく、歯ならびを整える目的でも採用されます。光の透過性があり、色調も合わせられるため本物の歯のような質感を実現します。特に金属アレルギーをお持ちの方、歯ならびや歯の大きさや色、形を整えたい方、歯が黒ずんでしまった方などにはオールセラミックがおすすめです。

ハイブリッドセラミック

レジンとセラミックを掛け合わせた素材を補綴物に用いた治療。オールセラミックと同じ用途で用いられます。セラミックの強度にレジンの弾性を加えることで、天然歯と同じかたさと咬み心地を実現できます。

ジルコニアフレームによる「オールセラミッククラウン」と「メタルボンド」の比較

審美歯科で使う被せものとして、オールセラミッククラウン(ジルコニアフレームを使ったオールセラミックの被せもの)とメタルボンドがあります。

ジルコニアフレームによるオールセラミッククラウンは、強度にも審美性にも大変優れています。一方メタルボンドは、強度がやや劣りますが破損の危険性がほとんどなく、幅広い症例に対応可能。審美性に優れていますが、金属が入っているため透明感不足な点もあります。

素材 ジルコニアフレームによる
オールセラミッククラウン
メタルボンド
強度 ★★★
審美性 ★★★ ★★★
アレルギーのなりにくさ ★★★
汚れにくさ ★★★

ファイバーコアについて

歯の土台となるコアは金属製のものを使用することが一般的でしたが、当院では金属を使わないファイバーコアを推奨しております。天然歯のような透過性を持った美しい仕上がりを実現できるうえ、金属アレルギーや歯ぐきの変色のおそれもありません。

詰めもの・被せものの隙間は口臭の原因になります

詰めものや被せものに隙間があると、食べかすが詰まりやすく、細菌が繁殖するため、口臭の原因になることがあります。当院では詰めものや被せものを取り付ける際には精密な治療を行いますので、隙間ができることはありません。

審美症例

術前

術後

事故により前歯を破折された患者様です。神経の治療後、ファイバーポストと 審美性の高いオールセラミッククラウンを用いることにより歯の白い美しさを再現しました。オールセラミッククラウンは、内面に金属を使わないので、歯の明るい透明感を自由自在に表現することができ、前歯の治療に最適です。