妊娠中の治療

妊娠中の歯科治療とお口のケアについて

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れから虫歯や歯周病といったお口の病気になりやすくなります。また、歯ブラシをお口の中に入れるのがおっくうになったり、食事を数回に分けて食べることにより細菌の好物である糖分がお口の中にたまりがちになったりすることによっても、虫歯や歯周病になりやすくなります。そのため、口腔内ケアをよりしっかり行う必要があるのです。


赤ちゃんを虫歯から守るために

赤ちゃんのお口の中にはそもそも虫歯菌はいません。実は主な感染源は、ママ。キスしたり口移しでものを与えたりすることなどにより、感染してしまうのです。逆をかえせば、ママのお口が衛生的であれば、赤ちゃんに虫歯菌がうつるリスクも抑えられるのです。

Q&A

Q.現在、妊娠3ヶ月です。治療は受けられますか?
「できない」わけではありませんが、歯科治療を受けるならできるだけ安定期(妊娠5~9ヶ月)の頃がいいでしょう。
Q.レントゲンはお腹の赤ちゃんに影響しますか?
お口はお腹から離れているうえに、X線を遮断する専用のエプロンを付けていただきますので、お腹の赤ちゃんには影響を及ぼさないと言われています。ですが、安全性を考え、なるべく控えたほうがいいでしょう。最小限に抑えましょう。
Q.お薬を飲んでも大丈夫ですか?
一般的には控えるべき、とされていますが、抗生物質なら「ペニシリン系」「セフェム系」、鎮痛剤なら「カロナール」「アセトアミノフェン」が安全であることが産婦人科医師により明らかになっています。とはいうものの、服用する場合は極力最小限に抑えましょう。
Q.妊娠中に歯周病になると早産や低体重児出産のリスクが高まると聞いたのですが……。
確かに、歯周病の妊婦が早産や低体重児出産を引き起こす確率は、健康なお口の妊婦に比べ、高くなっています。日頃から定期検診を受診してお口の健康を保ち、万が一歯周病と診断されたら早めに治療しましょう。
Q.妊娠中に麻酔を打っても胎児に影響はありませんか?
歯科で用いる麻酔は全身麻酔ではなく局所麻酔です。胎児に影響する心配はありませんので、ご安心ください。
Q.妊娠中に麻酔を打っても胎児に影響はありませんか?
本当です。虫歯の原因菌(虫歯菌)は、そもそも赤ちゃんのお口の中にはいません。では、どこから来るのかというと、母親をはじめとする周囲の人。ご家族などの唾液を介して虫歯菌が感染するのです(感染時期は生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月くらい)。大人の唾液の付いた食べものを与えないのはもちろん、生まれる前からご家族全員でお口のメンテナンスに取り組み、虫歯菌を減らしていきましょう。

 当院のドクターは自身が最近出産を経験したばかり。
患者様と同じ目線に立てるのはもちろん、妊娠中の口腔内ケアやトラブル、歯科診療に関する体験談などもお話できます。
どんな些細なことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。